GREENS CORPORATION

ARTIST INFORMATION

スキマスイッチ

OFFICIAL SITE

PROFILE

大橋卓弥、常田真太郎のソングライター二人からなるユニット。
大橋が自分の曲のアレンジを常田に依頼したのがきっかけとなり、1999年スキマスイッチ結成。
2001年、新宿・渋谷を拠点に本格的なライヴ活動を開始。
2002年8月、AUGUSTA CAMP 2002千葉マリンスタジアムのサブステージに出演。観客30,000人の前でのパフォーマンスが好評を博し、以来、口コミが広がり着実にライヴの動員を増やしてゆく。
2003年7月、1stシングル「view」でオーガスタレコード第1弾新人として満を持してのメジャーデビュー!
同曲が全国30局ものFMパワープレイ&ヘビーローテーションを獲得。同年9月にリリースされたデビュー・ミニアルバム「君の話」も新人ながら好セールスを記録し、全国のマスコミやリスナーから注目を集める。
2004年3月にリリースした、2ndシングル「奏(かなで)」が発売1ヶ月前から全国ラジオ局や有線のO.Aチャートにランクインし、オリコン・シングルチャートでも初登場22位を記録。彼らの真骨頂のバラード・ナンバーとしてロングセラーとなり、じわりじわりとファン層を拡大してゆく。
そして同年6月、3rdシングル「ふれて未来を」と1stアルバム「夏雲ノイズ」を連続でリリース。
デビューから約1年の集大成となった「夏雲ノイズ」はオリコン・アルバムチャート初登場2位を記録し、1stアルバムにしてブレイクを果たす!通算4枚目となるシングル「冬の口笛」もオリコン・シングルチャート初登場6位を記録。2005年4月に、同年第1弾シングルとしてリリースされた「全力少年」がオリコン・シングルチャート初登場3位を記録!彼らのシングル史上最高位を獲得し波に乗ると、続いて6月にリリースした6thシングル「雨待ち風」もオリコン・チャート初登場7位を記録。7月にはファン待望の2ndアルバム「空創クリップ」をリリース。オリコン・アルバムチャートにて堂々の初登場1位を記録!
洋楽・邦楽問わずトラディショナルなエッセンスが加わった、秀逸でダイナミクスのあるメロディ、心の奥に隠しておきたい感情を正面から突きつけてくる詞世界、そして何より大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトの力量。それは万人が持っている心の琴線を震わせる、まさに21世紀型ネオ トラディショナル・ポップス。その才能との出会いは言わば新種発見。

RELEASE INFORMATION

『ミスターカイト / リチェルカ』2017年9月13日(水) リリース
エレクトロなサウンド、フォークロックの要素を感じさせるメロディから、アグレッシブなロックへと移行するスキマスイッチの新機軸と言えるメッセージソング「ミスターカイト」。
大橋卓弥が”スキマ史上最も難しい曲”と語るスキマスイッチ初となるドラマ主題歌「リチェルカ」。
爽快感溢れる歌詞と弾けるようなメロディーが印象的なスキマスイッチの真骨頂と言えるポップソング「さよならエスケープ」。
地元愛知県をテーマに書き下ろした楽曲「ココロシティ」。
新曲4曲収録の待望のオリジナルシングル!!

通常盤:CD ¥1,200(税別) UMCA-50054
初回限定盤:CD+DVD ¥1,800(税別) UMCA-59054
※スリーブケース仕様