GREENS

←前の記事「結成10周年!DOBERMAN presentsイベント!!!
  →次の記事「祝!デビュー25周年!原田知世

ROKKO SUN MUSIC 08の歩き方

2008年07月07日

最近めっきり暑くなって参りましたがみなさんお元気でしょうか?
暑くなってきたということは、そうです!
もうすぐ夏がやってくるのです!

夏と言えば、プール!海!花火!!そして!フェスの季節です!
野外でビールを片手に、すてきな音楽に酔いしれる。
この至福の時を知ってしまったら、もうフェスのトリコです。
全国でもたくさんのフェスがありますが、今年の夏はGREENSも
たくさん野外でライブをやります!!
その第一弾がこちら!!!

ROKKO_SUN_LOGO2.jpg

そう。昨年、台風のために中止を余儀なくされてしまった"ある意味"伝説のイベント、それがROKKO SUN MUSIC 08です。
今年こそリベンジをするぞ〜〜!!
ってことで、LIVEAHOLIC式、「ROKKO SUN MUSIC 08の歩き方」をご紹介〜!!!まずは出演者から!!!

 
 
出演者.jpg
今年もかなりうれしい感じのアーティストが揃いました。
ゆるーくてもいいし、踊ってもいいし、寝っ転びながらでもよし。
お好きに楽しんでください。


Caravan.jpgCaravan
6/1に行われたGREEN ROOM FESでも気持ちのいいオンガクをきかせてくれたCaravan。ROKKO SUNでも会場が一つになるライブに期待します。芝生に座ってきくのもいいなぁ。
 
tabako.jpgtobaccojuice
どこにもないような不思議にあったかいオンガクを奏でる4人組。でも見るたびに毎回印象がかわる。でもなんだか好きな感じ。
 
hifumi.jpg一二三
GREENS新人発掘イベント「ぐっ vol.6」で、最もぐっとくるアーティストに選ばれた"ヒフミ"。静かに訴えかける歌が魅力です。今回唯一女性アーティスト。
 
8ball.jpg8 Ball Aitken (from Australia)
ケアンズを中心に活動する若きブルースギタリスト。"聴く人の内面にあるパワーに気付く"というメッセージを携えて来日。今回唯一の海外組。
 

tick.jpgtick
 
今年1/8に「想-omou-」メジャーデビュー!先日のSWEET LOVE SHOWERでも素晴らしいステージを見せてくれました。今後要注目のバンド!!
 
insisto1.jpg韻シスト
生バンドが心地好い!!ユル熱HIP HOP。貫禄さえ感じるステージングで、テンション上げてくれるのは言うまでもない!個人的に野外で見るのが初めてなので楽しみです。昨年はメンバーが抜けたりもしたが増々パワーアップしてるはず!
 
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER
キーボーディストYOSSYが、"BUSH OF GHOSTS" "DETERMINATIONS"等を経て、
icchieと共に開始したユニット。描き出すのは、ドリーミーなエレクトロニカとレゲエ/ダブが融合した、唯一無二のサウンドスケープ!
 
kuramoto.jpg倉本美津留
『ダウンタウンのごっつえぇ感じ』他、数々のヒットを手がける放送作家の顔と、ミュージシャンの顔。他、数々の顔を持つ要注意人物!
銀杏BOYZ峯田和伸とのユニット"峯田に美津留"でシングルリリースをしたばかり。さて、どんなステージを見せてくれるのか?!
 
sakai_hiroki.jpg酒井ヒロキ
アコギとやさしい歌声とそれを包む言葉が魅力的。なんだか淡い恋を思い出すような感じ、と思いきやジャンルレスな音と力強さも。これから期待なだけに見ておきたいアーティスト。
 
cutman5.jpgcutman-booche
こちらもこの間のワンマンライブが凄く良くて、明らかに年々成長してるカットマン。
新しい曲はもちろん、昔の曲もなんだか違った深さのようなものがでてきました。いやいや、楽しみです。
 
OAUnew.jpgOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
BRAHMANのメンバーが全員参加。アッコースティックの旋律とロックの魂が同居。
パチカ持参で楽しみたいです。関西の野外は今年はここだけ!
 
大橋.jpg大橋トリオ
ピアノ・ギター・ベース・ドラム・歌など、あらゆる楽器をこなすマルチプレーヤー。映画やCMなどの音楽製作、歌手への楽曲提供などもしている。まだ見ぬ期待を抱く歌声。
 
special_others.jpgSPECIAL OTHERS
先日のクアトロ公演もSOLD OUT!ライブも素晴らしく、気持ち良さをそのまま野外へ!!盛り上がるの間違いなしです。早くききたい!!
 
 
 
 
服装.jpg

六甲山は山です。
山の天気は変わりやすいとは言うけれど、本当なんです。
下界(笑)とは気温も天気も異なります。

 
思えば去年の台風の時も仕込みで前日からROKKO入りしていたのだけど、会場につくと霧...霧...雨より風よりなにより霧がすごい。2m先も見えない状態。
わずかに晴れたと思ってもここまで...これじゃライブどころじゃありませんでした。
そして撤収して神戸の町におりたら、あれ?雨小降りだ!風もあんまり?霧なんてない!と驚きました。本当に!
霧.jpg
 
 
ちなみに6月半ばに下見に行った時は天気はくもり、気温は19度くらいでした。
温度計.jpg
長袖パーカをきてちょっと肌寒いという感じでした。
ということで暑さ日焼け対策と防寒対策は怠らないように!楽しいライブを安心してたのしめるように十分に用意してきてください。


7月ってことは昼はTシャツでちょうどよくて夕方からは長袖パーカor羽織ものがあった方がよさそうです。夜はもう少し冷えるかもしれないのでカッパにも使えるウインドブレーカーがあれば完璧じゃないでしょうか。
靴はやっぱりスニーカーなどの歩きやすい方がいいです。会場内は芝生なのでヒールなんてはいて来た日には靴にも悪いし芝生も穴ぼこだらけになっちゃいます。
よい服装.jpgよい服装2.jpg
写真のように笛なんかも楽しそうです。カラフルなのも良いですね。
モッシュなども起きそうな雰囲気はないので普通のフェスよりちょっとおしゃれしてきても大丈夫かもです。


レジャーシートは必需品です。布なんかもかわいい。
シート.jpg
 
 
 
 
行きかた.jpg




電車&バス&ケーブルカー&バス ピクニック気分で出かけましょう!
神戸市バス.jpg神戸市バス時刻表.jpg
JRの"六甲道"駅
(JR大阪から快速で約25分)

阪急電車の"六甲"駅
(阪急梅田から特急と普通で約30分)から

市バス16系統に乗ります。
阪急六甲バス停の時刻表→


約15分で終点の"六甲ケーブル下"に到着しました。

六甲ケーブル下駅.jpg六甲ケーブル下k.jpg
六甲ケーブル下時刻表k.jpgケーブルカー中k.jpg



















ここからケーブルカーに乗ります。レトロデザインでカワイー!片道570円でした。

窓ガラスのある車輌と、ない車輌の2両編成だったのですが、窓ガラスのない車輌のなんとも開放的なコト!途中でチョウチョが舞い込んできました。

そんなこんな楽しんでいるうちに、約10分で山上駅に到着です。

六甲ケーブル山上駅ベアー.jpg


ケーブル山上駅を出ると目の前に六甲山上循環バスのりばがあります。

循環バス1k.jpg循環バス時刻表1.jpg

バスもまたしても、かわいらしい外観のバスです。
バスは250円しました。


約20分で六甲山カンツリーハウスに到着です!


バスは、中央入口に到着するので、ROKKO SUN MUSICへ行かれる皆さんは、西入口までちょっと歩いて下さいね。

中央入口.jpg乗り換えが多いですが、くねくねの山道で気分が悪くなる心配もないし、なによりケーブルカーが開放的で山の中を登って行く感じが気持ち良いので車で行くよりオススメです!会場でお酒も飲めるしね。

帰り道はケーブルカーの終電が終わっているので、JR六甲道まで会場からシャトルバスが出る予定です。
 
 
 
お店.jpg




当日、会場には美味しいゴハンも用意しています。

cafe FISH!
神戸の海の程近くにある大バコカフェです。ガラス張りで天井も高い開放的なカフェです。ライブもよくやっています。
当日は、イベント仕様で出店していただきます。

BEN
大阪・南船場にある、アットフォームなカフェです。遅めの時間までランチをやってるし、金・土は朝方まで空いている、なんだかかゆい所に手が届くお店です。
当日は、ゆる〜く出店していただきます。

barbes
大阪・本町にある、街を知りつくした人達が足しげく通う、頼りがいのあるお店です。
barbesといえば、クスクスが有名ですが、当日もクスクスが食べられる事を願っております。


他にも2つくらいお店が出る予定です。
ライブ見ながら、ゴハンも楽しんで下さいませ。
 
 
会場地図.jpg
 
六甲山って言っても、いったいどこでライブやるの??
会場ってどんな感じ?と皆さん思ってらっしゃると思います。
会場は、六甲山カンツリーハウス内にある特設会場。その特設会場がカンツリーハウスのどこにあるのかというと...
会場拡大.jpg
 
そう、↑の通り、このカンツリーハウス内の中央芝生内にステージが設置されるのです!
それではこのステージ周辺は?入り口は?ご飯は?グッズは??というと...
ROKKO SUN MUSIC08首謀スタッフからリサーチをして、LIVEAHOLICスタッフがこんな感じか?!?!ってことで作ってみました。
 
ど〜ん。
 
エリア.jpg
。。。。。ゆるいです。とてつもなくゆるいです。
※上記イラストは雰囲気重視です。実際のレイアウトは、若干異なる場合があります。ご了承ください!!!
 
 


ということで、ざ〜〜〜っとROKKO SUN MUSIC 08について書いてきましたが
皆さん、少しでもイベントのことをわかって頂けたでしょうか??
なんだかんだ言っているうちにもう今週土曜日に迫っています!

チケット買ってない!というあなた、今からでも間に合いますよ〜〜!
本格的な夏が始まる一足先に、すばらしい音楽に囲まれて六甲山で夏を
共にたのしみませんか?!?!?!

 
**
ROKKO SUN MUSIC 08
2008年7月12日(土)
六甲山カンツリーハウス内特設会場
OPEN 12:00 / START 13:00
TICKET : 大人(中学生以上) ¥5,040-(入園料込み) / 子供(小学生) ¥3,150-(入園料込み)
ARTIST : Caravan / tobaccojuice / 一二三 / 8Ball Aitken(from AUSTRALIA)
tick / 韻シスト / YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / 倉本美津留 / 酒井ヒロキ
cutman-booche / OVERGROUND ACOUSITC UNDERGROUND / 大橋トリオ
SPECIAL OTHERS

詳しくはコチラから!!!


text by

aya.jpg

amari.jpg

tody.jpg

投稿者 GREENS_STAFF | | コメント (0) | トラックバック (0)

←前の記事「結成10周年!DOBERMAN presentsイベント!!!
  →次の記事「祝!デビュー25周年!原田知世

■コメントしてください


コメント内容:

■コメント
■この記事へのトラックバックURL
http://www.greens-corp.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb-greens.pl/530
■トラックバック